会員規程

(目的)

第 1 条 本規程は、本協会の定款第6章に基づき、会員に関する事項を定める。

(会員の種別)

第 2 条 本協会の会員は、正会員(副会長、理事、法人会員、個人会員)、賛助会員の2種とする。

(入会の申込み)

第 3 条 本協会に入会しようとする者は、次の入会申込み手続きを要する。

(1)正会員
会員として入会しようとする者は、会長が定める入会申込書を会長に申し込まなければならない。なお、法人会員として入会しようとする者は、当該法人の登記簿謄本写し及び会社概要等の法人活動状況を判断できる資料を添えなければならない。
(2)賛助会員
賛助会員として入会しようとする者は、会長が定める入会申込書を会長に申し込まなければならない。なお、法人会員として入会しようとする者は、当該法人の会社概要等の法人活動状況を判断できる資料を添えなければならな

(入会審査)

第 4 条 理事会は、入会の申し込みに対して、その可否を審査して決定しなければならない。
(1) 本協会の趣旨及び目的に賛同する法人又は団体で、会員規程を遵守する者。
(2) 提供した情報は真実である者。
(3) 第9条に定める入会金と年会費を遅延なく納めることを誓約する者
(4) 賛助会員は、当協会の目的に賛同し、事業に協力しようとする個人又は法人とする。
(5) 暴力団等の反社会的団体に所属する等、本協会の会員としてふさわしくない者の入会は承認しない。

(再審査)

第 5 条 法人会員にあって、入会承認後に株主構成、経営者、事業内容等、経営又は運営に関する重要な変更があった場合は、入会の再審査を行うことができる。

(入会承認の取消し)

第 6 条 入会承認後、次に該当する場合は、理事会の議決により当該会員の入会承認を取消すことができるものとする。
(1) 入会申込書及び入会時の提出資料の記載内容に故意による虚偽があると認められたとき
(2) 第5条に規定する再審査の結果、会員として不適格と判断したとき
(3) 入会審査の基準に反することが明らかになった場合

(入会の時期)

第 7 条 会員は、理事会の入会承認後、入会金及び年会費を納入し、会長が入会を通知したときをもって入会とする。

(会員の義務)

第 8 条
(1) 会員は、協会の会員規程を遵守しなければならない。
(2) 会員は、登録内容を変更する場合は、速やかに会長が定める変更手続きを行うものとする。

(会員更新手続き)

第 9 条
(1) 会員は、毎年度初めに会長が定める会員更新手続きをしなければならない。
(2) 更新の可否については、第4条を準用する。

(入会金及び会費)

第 10 条 入会金及び年会費は、次のとおりとする。ただし、経験者等で本協会の発展に大きく寄与する者と理事会が認める場合には、これを免除することができる。

(1) 入会金
個人会員 10,000 円
団体会員 30,000 円
理事会員 50,000 円
副会長 100,000 円

(2) 年会费
個人会員 10,000 円
団体会員 30,000 円
理事会員 50,000 円
副会長 100,000 円
賛助会員(個人、团体) 不定额

(脱 会)

第 11 条
(1) 会員は、脱会届を会長に提出して、任意に脱会することができる。
(2) 会費を1年以上滞納したときは、脱会したものとみなすことができる。

(除 名)

第 12 条 会員が次の各号の一に該当する場合には、協会総会において、会員の議決権の3分の2以上の議決に基づき除名することができる。
(1) この法人の定款又は規則に違反したとき。
(2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
(3) この法人の義務に違反したとき。

(既納の入会金、会費等)

第 13 条 既納の入会金、会費その他拠出金品は、返還しない。

(変 更)

第 14 条 この規程の変更は、協会総会の決議によるものとする。

(理事会への委任)

第 15 条 この規程を実施するための事項及びこの規程に定めのない事項は、理事会が定める。

附則

この規程は、協会成立日から施行する。

イベント

  • No Events

(中文) 言語選択:

医療通訳士とは?

基礎講座と演習からなる全4日の講義を実施します。
講座では、医療通訳の心得、対人援助スキル、医療制度等医療通訳に必要な知識や心構えを学びます。
講義終了後には言語別にシナリオに沿った受診の場面を模擬
演習を行います。
〜詳しくはこちらから〜

ページ上部へ戻る